top of page

測量業務にドローンを取り入れるメリット【高梁・倉敷・真庭市のドローン教習所】

更新日:2023年3月27日

高梁・倉敷・真庭市のドローン教習所SIGNAL BLUE校では、測量業務にドローンを取り入れようとされる方の受講も多いです。測量にドローンを取り入れるメリットはとても多いです。




□ドローンを測量業務に取り入れるメリットとは?

 ドローンを測量に活用することには以下のようなメリットがあります。


1、高い精度  ドローンは、GPSやセンサーを使って高い精度で位置情報を把握することができます。また、特別なカメラを使えば高解像度の写真や映像を撮影できます。これにより、測量作業の精度を向上させることができます。

2、高速化  ドローンを使うことで、測量作業の時間を大幅に短縮できます。従来の測量作業では、人力で現場を歩き回る必要があったため、時間がかかりました。ドローンを使えば、より短時間で現場を撮影し、測量作業を終了させることができます。

3、省力化  高速化に似ている部分もありますが、測量作業の工数を大幅に削減することができます。ドローンを使うことで、同じ作業でも少ない人数で効率的に測量作業を終了させることができます。

4、安全性  測量作業には危険が伴うことがありますが、ドローンを使うことで、危険を回避できます。たとえば、山岳地帯や海岸線など、危険な場所での測量作業が必要な場合には、ドローンを使って現場を撮影することができます。

5、環境負荷の低減  ドローンを使って測量作業を行うことで、従来の方法に比べ、環境に与える負荷が低減されます。例えば、測量作業に必要な車両や機材の移動や騒音などが減少し、周囲の環境に配慮した作業が可能となります。

以上のように、ドローンを測量に活用することで、測量作業の精度向上、作業時間の短縮、安全性の確保、環境負荷の低減など、多くのメリットが得られます。


測量作業のためにドローンの操縦にチャレンジしたいという方も、ぜひ高梁、倉敷、真庭市でドローン教習実施実績のある、ドローン教習所SIGNAL BLUE校へお問い合せください。


ドローン教習所SIGNAL BLUE校では、無人航空従事者試験3級(ドローン検定3級)を取得して操縦に必要な知識を習得しつつ、国交省航空局への申請に必要な技量、飛行経験を積める基礎技能講習、撮影や点検作業、農薬散布などビジネスシーンに活用できる技術を学べる応用技能講習まで、様々な講習をご提供しています。

まずは気軽にお問い合せください。





最新記事

すべて表示

[新着/お知らせ]6-7月開催の講習日程

高梁・倉敷・真庭市のドローン教習所SIGNAL BLUE校よりイベントのお知らせです。 お問合せを多くいただいております、6-7月の講習日程を以下の通り公開しております。 5月開催分の日程とあわせまして、引き続き検討いただけますと嬉しいです。 <5月> 11-12日(木・金) 17-18日(水・木) [満員御礼] 20-21日(土・日) 25-26日(木・金) <6月> 1-2日(木・金) 6-7

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page