top of page

ドローンによる農薬散布のメリット【高梁・倉敷・真庭市のドローン教習所】

更新日:2023年3月27日

高梁・倉敷・真庭市のドローン教習所SIGNAL BLUE校では、ドローンでの農薬散布を検討されている方もいらっしゃいます。ドローンによる農薬散布の良い点を整理してみます。



□ドローンによる農薬散布のメリットとは?

ドローンによる農薬散布には以下のようなメリットがあります。

1、作業効率の向上 従来の農業機械と比較して、ドローンによる農薬散布はより効率的に行うことができます。ドローンは高速かつ正確に散布することができるため、散布作業の時間を短縮することができます。

2、精度の向上 ドローンにはGPSやセンサーが搭載されており、高精度な散布が可能です。これにより、散布量の均一化や散布範囲の正確な調整ができます。また、ドローンは高度を調整できるため、地形や障害物に左右されずに散布できます。

3、人的リスクの軽減 従来の農薬散布は人が直接散布を行うため、農薬の影響を受けるリスクがあります。しかし、ドローンによる農薬散布は自動化されているため、人的リスクを軽減することができます。

4、環境への影響の低減 ドローンによる農薬散布は、従来の農業機械と比較して、農薬の使用量が少なくて済むことがあります。また、ドローンは散布の際に地面を踏み固めることがないため、土壌の保全にも貢献します。

5、費用の削減 従来の農業機械と比較して、ドローンによる農薬散布は比較的低コストで行うことができます。特に、ドローンは小規模農家でも導入しやすいため、農業生産性の向上につながる可能性があります。

以上が、ドローンによる農薬散布のメリットの一部です。

一方で、導入にはコストや技術面、飛ばす上での法律面など課題もありますので、導入前に慎重な検討が必要です。

ドローンでの農薬散布にチャレンジしたいという方も、ぜひ高梁、倉敷、真庭市でドローン講習の実施実績のある、ドローン教習所SIGNAL BLUE校へお問い合せください。

ドローン教習所SIGNAL BLUE校では、無人航空従事者試験3級(ドローン検定3級)を取得して操縦に必要な知識を習得しつつ、国交省航空局への申請に必要な技量、飛行経験を積める基礎技能講習、撮影や点検作業、農薬散布などビジネスシーンに活用できる技術を学べる応用技能講習まで、様々な講習をご提供しています。

まずは気軽にお問い合せください。






最新記事

すべて表示

[新着/お知らせ]6-7月開催の講習日程

高梁・倉敷・真庭市のドローン教習所SIGNAL BLUE校よりイベントのお知らせです。 お問合せを多くいただいております、6-7月の講習日程を以下の通り公開しております。 5月開催分の日程とあわせまして、引き続き検討いただけますと嬉しいです。 <5月> 11-12日(木・金) 17-18日(水・木) [満員御礼] 20-21日(土・日) 25-26日(木・金) <6月> 1-2日(木・金) 6-7

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page